2018.10.1【更新】

 

Work 

更新しました。

 


2018.2.12【展示】

 

「明るいアイロニー」 田中 藍衣 | 長田 沙央梨 

会期:2018年2月17日(土)~2月25日(日)
時間:午前10:00~午後5:00
会場:名古屋市市政資料館 3階 一般展示室2、3、4、5
休館日:2月19日(月)
住所:〒461-0011 愛知県名古屋市東区白壁1丁目3
   

  地下鉄名城線「市役所」2番出口から東へ徒歩8分

  名鉄瀬戸線「東大手」から南へ徒歩5分

 

愛知県立芸術大学油画専攻修了生の田中藍衣さんとの展示です。

展示室を4部屋を使用します。

 


2017.8.10【更新】

 

 先月の個展///humming///の展評を、

名古屋市美術館のアートペーパー105(2017年夏号)に掲載していただきました。

名古屋市美術館にて無料配布されております。

機会がありましたらご覧ください。

 

記事は名古屋市美術館のHPからもご覧頂けます。→こちら

(まだHPに配信されていないかもしれませんが、近々配信されます。)

 


「やわらかい かぜ 」2017   真鍮、花器
「やわらかい かぜ 」2017 真鍮、花器
2017.2.17【展示】
芸術大学連携プロジェクトです。
各大学から縁あるアーティスト2名を選出、6名のアーティストによるグループ展です。
初日は美術評論家の山本さつきさんをお迎えし、アーティストトークを実施しますのでぜひいらしてください。
「Sky Over Ⅳ」
会期:2017年2月18日(土)~3月19日(日)11:00~19:00
会場:アートラボあいち大津橋2、3階
休館日:月曜・火曜
出品作家:岩瀬晴香、小野功太郎、鈴木優作、田島圭、長田沙央梨、山口諒
主催:愛知県立芸術大学、名古屋芸術大学、名古屋造形大学、あいちトリエンナーレ実行委員会 
 
アーティストトーク
日時:2月18日(土)13:00〜15:30
会場:アートラボあいち大津橋2階
ゲスト:山本さつき(美術評論家) 

「うちわさぼてん」2016   パネル、アクリル絵の具、タイル
「うちわさぼてん」2016 パネル、アクリル絵の具、タイル
 2016.10.5【展示】
今回、長久手市にある2つのアトリエのオープンスタジオという形の展示に、
ゲストとして呼んでいただきました。
前回、足助にて展示した作品と合わせて、新作を数点出します。
私は、KUMABARIとTOKIO荘、どちらのアトリエにも展示しています。
3日間だけと短いですが、面白い展示になると思いますので、
ぜひ観に来てください。
【クマバリ芸術祭】
■日時:2016年10月8日(土)~10日(月・祝)
13:00~20:00
■場所:アトリエハウスKUMABARIとTOKIO荘
※交流会 10月9日(日)18:00〜 
アトリエハウスKUMABARIにて
どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。
■参加作家
(アトリエハウスKUMABARI作家)
前畑裕司
髙田裕大
長瀬敦嗣
(TOKIO荘作家)
鈴木雅明
吉田葵
(ゲスト作家)
島本了多
長田沙央梨
堀口葵
アトリエハウスKUMABARI 
〒480-1328 愛知県長久手市早稲田1011
http://atelierhousekumabari.tumblr.com/
TOKIO荘 
〒480-1328 愛知県長久手市早稲田886
http://tokiosou.tumblr.com/
お問い合わせ atelierhouse.kumabari@gmail.com

「ぶぶんのかたち(足助の町並み)」2016
「ぶぶんのかたち(足助の町並み)」2016

 2016.9.2【展示】

 

「足助ゴエンナーレ」に出展します。よろしくお願いします。

 

 

[日時]

2016.9.3(土)/9.4(日)/9.5(月)/9.10(土)/9.11(日)/9.12(月)

 

[時間]

10:00~16:00(入場は15:30まで)

 

[参加作家]

フジイフランソワ、203gow、伊東里奈、設楽陸、林田健、八嶋有司

長田沙央梨、奈良朋紀、所遙菜、真弓美砂、Charlie Hopper

 

[入場料]

500円

 

[会場]

『寿ゞ家』+ 地蔵堂庫裏

〒444-2424 愛知県豊田市足助町本町15

 

[駐車場]

無し。お近くの有料駐車場をご利用ください。

 

 

 


2016.1.26【展示】

 

 

1/26(火)〜1/31(日)

 

東京藝術大学 美術学部 彫刻棟 3F 312-313

9:30〜17:30(入場17:00まで)

最終日9:30〜12:30(入場12:00まで)

入場無料

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

学生最後の作品です。

次にこの子たちをどこかでお見せすることができるか分からないので、

機会があればぜひ見て頂きたいです。

 

卒業・修了作品展の主な展示会場は、
大学構内(大学美術館含む)と、
東京都美術館になり、

私は大学構内の彫刻棟3Fアトリエです。

 

修士生たちは大学構内で展示、
学部生たちは東京都美術館で展示、
といった感じに会場が分かれています。

私の会場は、普段学生みんなで使用しているアトリエなので、

広い部屋を各々一部屋づつ与えられていて、個展形式になっています。

 

今回自分で作ったDM、残枚数が少なくなりました。
もし欲しい方が居ましたら、
またメールなどで個人的に教えてくださいませ。

 

どうぞよろしくお願いします!

 

 


芸術批評誌REAR「特集:透明なまなざし、蒸留する手」にて 今年2月の市政資料館での展示 田中藍衣+長田沙央梨「明るいアイロニー」について 愛知県美術館学芸員 副田一穂様に レビューを書いて頂きました。 大変嬉しい出来事でした。😊 書店でお手に取る機会がありましたら、ぜひご一読ください。副田様、どうもありがとうございました。